FC2ブログ
出会い系
人妻 動画 ブログ
人妻だって、ただの女。誰にも言えない秘密があるんです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2 Blog Rankingに参加中です。応援してくださいね( ̄ー ̄)ニヤリ
隣の奥さんを寝とった僕
僕の住んでるマンションのお隣の人妻さんとの話。
名前は由美さん
僕は今年就職して一人暮らしを始めました。
由美さんは旦那さんと2人暮らしで子供はいない。
引っ越しの挨拶に行ってから旦那さんとも奥さんとも仲良くしていただいています。
時には、食事をご馳走になったり良くしていただいています。

ある日僕は、どーしても肉じゃがが食べたくなった。
レシピサイトを見れば、なんとかなるだろう。と思ったのですが
我が家には、みりんというものがなかった。
買いに行こうかと思ったのですが、今度いつ使うのか?って考えたら・・・
そんな時、ふと由美さんの顔が浮かんだ。

由美さんの部屋のチャイムを鳴らし
「すいません、みりん貸してもらえます?」
「どうしたの?」
「肉じゃがが食べたくなって作ろうと思ったら、みりんがなかったもので」
「肉じゃが?なんなら作ってあげようか?」
悪いと思ったのですが、
「いいんですか?ありがとうございます。」
「いいよ。どうせ、暇だったし」ってニコっと笑顔。
その笑顔にドキっとしてしまいました

「意外と片付いてるんだ」クスクス笑いながらキッチンに立つ由美さん。
ぼーっとエプロン姿の背中を見ていた。
「ごめーん。悪いけどエプロンの紐、結び直してくる?」
「はーい」そう返事して後ろに立った。
石鹸の匂いが鼻をくすぐる・・・
思わず後ろから抱きしめてしまった。

「ダメだよ。。。xxx」

途中で由美さんの言葉をキスでさえぎった。
由美さんの力が抜けていくのがわかった。
「どーしても我慢できないんです。由美さん」
そしてもう一度キスをした。
僕の口の中に由美さんの舌が滑り込んできた。
これがOKの返事ってことだろう。

「肉じゃが、できたのかな?」
なぜか冷静に、そんなことを思ったけど
そんことより、この好機を逃すわけにはいかない!
舌を絡めあいながらソファベッドに移動した。

エプロンを外してブラウスのボタンを外す。
可愛いブラが見えた。
隙間から手が入る・・・小さいのは知っていたが。予想以上に小さい。
ブラをはずす。小さいけど美乳。
子供がいないからなのかな?
見とれていると「いやだ、そんなに見ないで」
顔が赤くなった由美さんにもう一度キスをして、
そのまま首筋に唇をずらした。



ピクって肩が動いた。
漏れる吐息
唇は小さな乳房。
「由美さん綺麗です。」
そんな言葉に「バカ」って怒られた。でも由美さんの指が僕の股間に
「大きくなってるよ」
おたがい服を脱がせあいっこ。
由美さんの身体のぬくもりを感じた。

「内緒だよ。二人だけの秘密」
そう言った由美さんは僕の上に跨り69の体制になり口に含んだ。
僕の見の前には、由美さんの湿って口を開いたアソコ。
人差し指で湿ったものに触ってみると糸を引いいた・・・
今にも僕の顔に滴ってきそうなほど溢れる愛液。
僕も負けずに由美さんのアソコに舌を這わせた。

「由美・・・さん・・・そんなにされると我慢できないんですけど」
「いいよ、我慢しなくて。逝きたくなったら逝っていいよ」
激しく動かす由美さん
僕は、我慢の限界で・・・
由美さんのアソコに顔に埋めながらお尻を抱きしめ
由美さんの口の中にぶちまけた。

由美さんは、こっちを向きながら
ニコってしながら飲んだ。
「いっぱい出たね。喉詰まるかと思ったよ」
そんな言葉に二人して笑った。

いま逝ったばかりなのに収まることをしらいない下半身。
それを見た由美子さんは
「もう元気なんだから」と言って僕を押し倒した。
「我慢しなくていいんだらね」といって
自分で僕のものをつかんでアソコに押し込んだ。
まるで僕をおもちゃのように腰を動かす由美さん。
「気持ちいいよう!気持ちいいよう」そう言いながら激しく。
僕も負けずに下から腰を持ち上げた。
部屋に響くいやらしい音。
なんて表現すればいいんだろ・・・
ビチャ、グチャ、パンパン
そんな音かな?

「ダメ!壊れちゃうよー!そんなに突き上げないで!」
鳴き声なのか、うめき声なのか
そして急に静かになり由美さんは身体から力が抜けて
僕の上に崩れ落ちた。

「逝った?」
そんな問いに恥ずかしそうに、
「うん。でも、今度は後ろから欲しいな」
四つん這いにして後ろから
時々、お尻をホジホジするといやらしい声。
「そこは・・・ダメ」そう聞くと
もっとしたくなるんですよね
でも、こっちもそろそろ出したくなってきたので
「逝っていい?」って聞くと
「我慢しなくていい。って言ったでしょ」
「どこに出して欲しい」
「そのまま・・・全部ちょうだい」
そんな言葉に興奮してしまって
ペースを早める僕
「すごい、また逝っちゃう。ダメ〜〜逝ったはずなのに・・・また。。。」
「来て!いっぱいちょうだい。もっと、もっと」
そのまま腰を思い切り使い続けて
逝っても話さない由美さん
締まり続けて離してくれない。
やっとのおもいであそこから抜くと
タラーッと由美さんの太ももにつたわる液体。
由美さんのあそこは白く泡立っていた。

そのあと腕枕で一息ついていると
「また、肉じゃが作って欲しい?」
って聞くから、「今度は違うものも食べたいなぁ」って答えました。
今でも由美さんの作るものは美味しくいただいていますが、
旦那さんの顔をまともに見れなくなった僕です。



FC2 Blog Rankingに参加中です。応援してくださいね( ̄ー ̄)ニヤリ
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。