FC2ブログ
出会い系
人妻 動画 ブログ
人妻だって、ただの女。誰にも言えない秘密があるんです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2 Blog Rankingに参加中です。応援してくださいね( ̄ー ̄)ニヤリ
潮を噴きながら腰を使う同僚人妻
46歳妻子持ちの私。

40歳の時に転職して、今W不倫している冴子と出会った。

中肉中背でバストは好みの巨乳。

みんなでサイズを想像して楽しんでいました。

子供さんもいるのに、主婦らしさを感じない素敵な女性

子供が三人いる割り主婦臭くないと言うか。

派手さはないが、きっちりした格好で

どこか、品の良さを感じる女性。

飲み会の時にLINEの交換から始まり

普段の会話から家庭のことなどを話すようになった。

仕事の同僚として接している冴子とは違う面も数多くあるんだなぁ・・・

例えば旦那と、あまりうまくいってないとか

姑と仲とか

まぁ、私にも愚痴なんて腐るほどあるので

お互いにLINEで憂さ晴らししている。って感じでした。

ある時、お互い嫌いではない「酒」の話になって

「いつか飲みに行こう」と誘ってみた。

しばらくはお互いの都合がつかなっかたが

私の嫁が帰省するのと冴子の旦那が出張に行くのが重なって

飲みに行くことに。



繁華街で夕食をとりながら乾杯。

いっぱい食べて飲んで。笑って

何軒か回りながら、歩いていくとホテル街に

「ん?計画的でしょー」と冴子は笑顔で聞いてきた。

私は「だったら、どうする〜?」と悪戯っぽく聞き返しました。

「歩き疲れたし、ちょっと酔いも回ってきたから、少し休みたいな

でも、絶対何もなしよ!」ってきつい顔で答えた冴子でした。

何もしない・・・わけないっしょ。と心で笑いながら

部屋を選んで入室。

改めてビールで乾杯。

何軒目に入ったんだろうか?焼肉屋の匂いが気になった

「シャワー浴びてきても良い?」って冴子に聞いた。

「いいよ」と答える冴子に、「一緒に、どう?」って聞いたら軽く平手打ちくらった。

シャワー浴びているとカチャと音がした。

そこには全裸の冴子が立っていた。

「やっぱり臭う〜〜。一緒にはいるー」

なんか子供みたいで可愛かった。

「洗ってあげるね」冴子はボディソープを手に取り私の体を洗い出した。

「あら・・・お腹がポッコリ!服の上からはわからなかったー」

などと言いながら全身を洗ってくれた。

最後は股間を丁寧に・・・ホテルに入った時から硬くなっていたが

何も気づいていないそぶりだった冴子だったが

「硬くなったものを綺麗にしてあげるなんて久しぶり」

なんて言っているが洗っているというより手コキって感じで楽しんでいる。

まるで小悪魔みたいだった。



FC2 Blog Rankingに参加中です。応援してくださいね( ̄ー ̄)ニヤリ
≫続きをみる...

娘が通っている小学校のPTA役員を引き受けた。
はじめての役員会。何となく視線を感じた・・・
ロングヘアーの女性がこちらを見てた。
ん?どっかで見たことがある・・・
って私がよく利用してるデルヘルの嬢ではないか!!
しかも何度か御相手してもらったことがある「さきちゃん」ではありませんか!!

そして役員会が終わると
「これからお茶にでも、どうですか?」

話の内容はというと、やっぱり「お仕事の件は絶対に内緒にしてください』でした。
私は、そのお願いは必ず守ることを彼女に告げました。
が・・・彼女の秘密を知って、これからのことを妄想してしまったのでした。

そして私は、一ヶ月過ぎた頃、妄想を現実に移したのでした。

彼女の勤めていたデルヘルに電話を入れ出勤を確認し指名を入れた。
部屋のドアを開けた彼女の表情は硬く強張っていた。
「この間は、どうも」
そんな彼女を、どんな風にするかは
何度も妄想してプランは出来上がっていた。

今までどおりのプレイを続けさせた。
でも・・・そのまま終わらせるつもりはない。
私は彼女を責め続けた。
彼女の手首をきつく握り
彼女に聞くこともなく、じわじわ男根を押し入れていった・・・
屈辱感と快楽が交互に顔の表情に表れる。
男根が彼女の奥に到達した時には
顔から屈辱は消え、ただの女になっていた。



こうなれば私の思うまま。
好きなように彼女をいたぶった。
終わった後彼女は
「私ってMなの?」
私は「そうかもね」とだけ答え
携帯番号とメルアドを聞いて別れた。

それからは、もちろん店を通さずに彼女とあっています。
彼女は私のことなら、なんでも聞く従順な雌犬。
家庭では旦那と子供の良き妻。
しかし家を出れば、
太いバイブを二穴に飲み込み
野外で素っ裸で自分を慰めて喜んでいます。
また複数の男性に犯され
身体中を白い液体で汚されても
次の男性を求め飲み込む淫乱な雌犬になりました。




FC2 Blog Rankingに参加中です。応援してくださいね( ̄ー ̄)ニヤリ
中に!ください!と叫ぶ人妻
会社の飲み会。

少し早く着きすぎた。店内を見回すとパートの彼女を見つけた。

「おー!早いね。先にやってようよ」

頷く彼女と予約していた部屋へ。

まずは生中で乾杯!!

しばらくすると、次々に同僚たちがやってくる。

「あれっ?怪しいなぁ〜」冷やかしてくる。

会は進み、良い感じみんな盛り上がっていった。

先に飲みだした彼女とは仕事の話。

彼女の家庭の話や、もちろん私の家庭の話なども・・・

酒が進むと、おきまりのように下ネタ(笑)

それは、ビールを注ぎに来た同僚から

「週に何回?」って話題から始まった。

彼女は答えにくそうに、「セックスレス

旦那は好きなんだけど・・・夜は・・・」

会は進み、お開きの時間。

別れ際に、メモ紙を渡されて「また話を聞いてくれたら、嬉しいです」

と耳元で囁かれた。

メモには、メルアドが書かれていた。

メル友みたいな関係がしばらく続いた後、

食事に誘ってみた、

それは、女房が子供を連れて実家に帰省した時だった。

食事をして、居酒屋で

酒が進み。。。やっぱり下ネタ方向へ(笑)

彼女は、セックスレスのまま・・・

冗談交じりに「欲求不満解消させてあげようか」って聞いてみた・・・

女房のいない時を狙ったんだから、下心がなかったわけではなかったが

簡単に彼女は落ちた

恥ずかしそうに、うつむきながら「うん」

店を出て、ホテル街を歩いた。ついさっきまでは、饒舌だったのに急に無口の二人。

適当にホテルを選び、適当に部屋を選んだ。

ホテル


部屋に入り、無言のまま激しいキスを交わし、

ベッドに倒れこみ、何も言わずに服を脱ぎお互いを貪りあった。

久しぶりにのセックスに彼女は我を忘れ

「中に!ください!」叫び続け絶頂を迎えた。


彼女とは、今も時間を作って逢瀬を繰り返してる。

「中を楽しみたい!」と言ってピルを処方してもらったらしい




FC2 Blog Rankingに参加中です。応援してくださいね( ̄ー ̄)ニヤリ
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。