FC2ブログ
出会い系
人妻 動画 ブログ
人妻だって、ただの女。誰にも言えない秘密があるんです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2 Blog Rankingに参加中です。応援してくださいね( ̄ー ̄)ニヤリ
私35歳。結婚してもう13年になります。子供はありません。夫婦仲はすごくいいんです。
とてもやさしい主人ですが、ただ最近一つだけ無理なことを言われ、やむなく先日それを実行したんです。
その内容というのは・・ある晴れた日の平日(人が少ないという思い出)二人で500m程の山に日光浴に出かけました。
自宅からは車で1時間半程のところでした。気軽に登れる山ということでおにぎりとカメラだけを持って。
でも本来の目的というのは主人の希望で私に野外露出をしているのを傍観したいというのが主旨でした。

自分でいうのもおかしいのですが学生時代より現在もずーとバレーボールをしています。
主人に言わせればプロポーションというのか、
私の身体は肉感的で性欲をそそる身体付だというんです。

ちなみに身長167cm、バスト87cm、ウエスト62cm、ヒップ92cmやや色黒の肌です。
男性経験は主人と結婚するまで3人と経験がありました。
当日はその時に主人から指示があったのですが、
先ず上半身裸で下半身は短パンで山道(登山道に近い)を歩くというんです。
その時は主人は一緒ではなく遠く離れて歩きました。
脱ぐ時は自然に溶け合うようなすがすがしい気持ちで次第にそのよさを感じたほどでした。

誰かに出食わさないようにと祈る反面どんな人に出会えるか胸わくわくでもありました。
しばらく歩くと向こうから中年の男女が歩いてくるのが目に止まりました。
主人との約束で出会った人に充分身体を見せるために必ず立ち止まって話しをしなさいとの約束でした。
もう向こうの人も私が上半身裸でいることを見とめていました。

すれ違いざま私のほうから声をかけました。年の頃60歳前後の男女でした。
男の人はじろじろと私の顔と胸を交互に見ています。痛いほどその視線を感じます。
立ち去った後主人が追いかけてきて先ず第一段階はクリアーしたとの事で
第二段階は全裸になり木立で立ちバックでセックスをすることでした。



主人も全裸になりました。もう主人のペニスは既に戦闘準備OKでした。
いつものとおり主人の好きなフェラをして立ち木に向かいお尻を大きく出し主人を迎えます。
いつもになく早くイってしまいました。其の後私は主人に向かって座りお○っこしました。
恥かしかったけどすごく気持ちよくお○っこできました。
主人も私に向かって勢いよく・・・。
面と向かって男性のお○っこを見たのも初めてでした。
その後三人連れの女性と出くわしました。
もうこの快感は口では言い表せません。

FC2 Blog Rankingに参加中です。応援してくださいね( ̄ー ̄)ニヤリ
それは、今とは違い

町中に監視カメラが多くない時の話。

ブログで知り合った彼女とデートをした。

もちろんエッチなデート。

彼女には、メールで約束したことがあった。

今度のデートはノーパン、ノーブラ。そんな約束。

喉が渇いたので、喫茶店に入り

なるべく死角な場所を選んで座った。

「約束、ちゃんと守ってる?」

彼女は恥ずかしそうに「うん」と言って頷いた。

「なら、見せてごらん」

「えっ、ここで?」

彼女は、あたりを見回し確認しながら

シャツのボタンを外してちらっと。

「よく、見えなかったなぁ〜〜」と悪戯げに言うと。

「嘘つき」と言って、にこやかに今度はシャツをしっかり開いて見せた。

露出


「下は?」と尋ねると?

「ここじゃ、ダメだよー」

でも、そんな言葉を許すわけなく

「ほら、M字開脚」

彼女は、もじもじしながら

私の言葉に従った。

彼女の股間は汗なのか愛液なのかは、

わからなかったが湿っていることはわかった。

「もう、エロぃんだから・・・」

お店を出て、今日はスペシャルな場所へ彼女の手を引いて歩いた。

空きが多いビジネスビル。

適当にエレベータを降りた。

男子トイレへ彼女を引きずり込む。

彼女を膝まつかせ、私はズボンを下ろし髪をつかみ、

彼女の喉の奥まで、押し込んんだ。

よだれを垂らしながら、苦しそうに・・・

でも話そうとはしない。

「入れてください」

スカートをめくり上げ後ろから突き上げる。

口を手で押さえて必死に声を我慢する。

そんな時、ドアを置ける音がした・・・

「・・・・」

小水の音が。。。(笑)

今度は、笑うのをこらえるのが大変だった・・・

出て行くドアの音を境に

バックからの攻撃を再開。

今度は便器にすわり彼女が上に

ハンカチを取り出し咥え声を我慢。

でも彼女の腰は我慢することなく

いやらしく動いていた。

最後は、ひざまづき口の中へ。

残すことなく飲み干した。




FC2 Blog Rankingに参加中です。応援してくださいね( ̄ー ̄)ニヤリ
リモコンバイブで逝かされて
女性は40代の主婦で名前は智美(仮名)、

調教というよりは調教っぽいプレイや羞恥プレイをする間柄。。

子供も高校生になり手間がかからないので以前は頻繁に会っていた

40代というと少し年上になるがこちらは気にしない。。

容姿や年齢関係なく助成の欲望や願望はあるし、

そういったことをさらけ出せるのはみな可愛い。

年上に「可愛い」と言うと不思議な感じだけど平気で年上にも「可愛い」という言葉は使う

久しぶりに会ったが相変わらず可愛い印象。

こちらに対しての接し方も変わらないし、満たされたい願望も同じだ。

「久しぶりにアレをつかっていただけませんか?」

リモコン


年上ではあるが智美はこちらには敬語を使う。

ちなみにアレとは、『リモコンバイブ』のことで、

智美は少々露出癖のあるドMなオンナ。

こちらがトイレに行くように促すと、

リモコンバイブの入ったポーチを小脇に抱えて

恥ずかしそうに歩いていった。。

…ほどなくして戻って来ると

「前のようにちゃんと下着は脱いでパンストだけにしました」

「淫乱でいやらしい奥さんだね。」

私の使っているリモコンバイブはすっぽりと中に納まるタイプなので落ちる心配はあまりない

それにパンストで抑えられているので変態な気分だけが助長される感じだ。

そのままホテルに…向かわずに少し歩いてみる。

お茶したり、デパートを回ったり…ときおり、恥ずかしそうに歩く智美。

おそらく歩いている最中でも智美は濡れっぱなしだったと思う。。

久しぶりなのだろう、智美は歩きながらでもこちらに見えるようにスカートを捲くったりしていた

「相変わらず可愛いね、智美は。欲しくなったんじゃないの?」

「は、はい…欲しいです」




そう答える智美を連れてその後はホテルでお仕置きしたり、

智美が悦ぶことをたっぷりとしてあげると

智美はまた会いたいと伝えて帰っていった。

ホテルだけでなく街中でもプレイをしたがる智美のような女性はやっぱり可愛いなと思う。。

ちなみに智美は学生服でお仕置きされると悦ぶオンナ。
FC2 Blog Rankingに参加中です。応援してくださいね( ̄ー ̄)ニヤリ
毎日、暑い日々続いていますね。

でも個人宅への配達をしている私にとって

「夏」はとっても大好きな季節なのです。

何でかって?

もちろん薄着だからです。

配達しなくても、あなたも見たことあるでしょ?

かがんだTシャツの首元から見えるブラを・・・

そんな機会が、爆増する季節が「夏」ってわけです。



あまり都会ではないかもしれませんが

玄関の空いた不用心なお宅。

そんなお家の住人は衣服も不用心(笑)

玄関の奥には2回に通じる階段。

声をかけると、

「はーい」と答えてくれるわけですが

奥さん、パンツ丸見えなんですが・・・なんて言えるわけありませんね。

「ここにサインいただけますか」

ハンコじゃダメ!サインが良い!

差し出した伝票を覗き込む時に見えるんです。

ブラなんてつけてません。

丸見え・・・。

これが、ワンピースなら

着ていないも同然だから、たまらない。



今までで一番、興奮したのは

先日、引っ越してきた若いご夫婦(多分)の家。

お留守のようで、片膝ついて連絡票を書いていた時のこと

ガチャっとドアが開いた。

時間は朝一番の配達先での出来事。

「お届け物です」と声をかけて見上げたら・・・

目を疑った。。。

だって、おっぱいが目に入ってきた!!

きっと寝ぼけてたんでしょうね。

大きな網目状の服一枚。

それも拳が入りそうなぐらい網目。

そりゃ見えるよね。おっぱいすべて。

奥さん、気づいた時恥ずかしかっただろうな(笑)



FC2 Blog Rankingに参加中です。応援してくださいね( ̄ー ̄)ニヤリ
夏の終わりのプチ露出
プチ露出



少ない時間でしたが、美月の子供たちとともに

ドライブに行ってきました^^

子どもたちが波と戯れているあいだに

ぼくたちは・・・

青い空と海

海風に心地よい気持ちになり

プチ露出(笑)

子どもたち一緒だったもんで

これが精一杯でした^^;

今度は二人で露出撮影にいきたなぁ( ̄ー ̄)ニヤリッ


FC2 Blog Rankingに参加中です。応援してくださいね( ̄ー ̄)ニヤリ
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。